NEWS

天竜トライアルオフィスからの
お知らせ

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. 浜松市から業務委託を受けた私たちの思い

浜松市から業務委託を受けた私たちの思い

浜松市にとって天竜区二俣エリアは山への入り口であり街への出口でもあります。このエリアにおいて、山ノ舎は飲食店や宿の運営を行って参りました。
事業を行っていく中で、山ノ舎はただの飲食店としてではなく、浜松市内外の「天竜区を面白がる人々」と「地元の人々」とが集まり、交流するコミュニティースペースとなり、2018年には店舗を改装。二階部分でプライベートなシェアスペースの運営が始まりました。

そんな中、既にザザシティに設置されていた浜松トライアルオフィスの中山間地域版を作るという話を伺いました。
いま、我が国の多くの地方には少子高齢化、人口減少による課題が山積しています。
面積の95%を森林が占め、人口は約2.7万人(浜松市の人口の約3%)、高齢化率が40%を超える天竜区も、例外ではありません。

しかし、課題とは得てして大きな変化と共に生じるものであり、それは今までの固定概念を取り払い、新たな時代を築いていく兆しでもあるのです。
つまり、見方を変えれば、ここ天竜区には、多くのチャンスが転がっているのです。
この考え方に賛同し、地元のプレイヤーとタッグを組み、共に天竜区を舞台にイノベーションを起こしていく人々の拠点となる施設を作っていきたいと思い、今回、運営に手を挙げさせて頂きました。

また、「浜松市」という一つのチームにおいても、市街地における「はままつトライアルオフィス」と密に連携し、そのポテンシャルを存分に発揮し、次世代における政令指定都市の在り方を模索していければと考えております。
なにかグッとくるものがあった方は、一度気軽にお越しいただければ幸いです。

※トライアルオフィスを始めるにあたり、私たちの初心を記載致します。

お知らせ

お知らせ一覧
月を選択
文字の拡大/縮小